TwitterがパスワードセキュリティのMitroを買収、製品をオープンソース化

次の記事

EVOは、3Dプリントを利用した究極の多用途自転車

Twitterは同社のニューヨーク支社のために、パスワードのセキュリティを提供する小さなスタートアップMitroを買収する。Mitroは、一つのアカウントで複数の人がパスワードを共有する方法を開発した。

たとえば企業などでは、チームのメンバが何かのサービスのアカウントのパスワードを共有したほうが、情報共有がうまくいく場合がある。Twitterはこのプロダクトのオーナーにはならず、チームは位置関連の開発に回されるらしい。

ただし、これまでの買収と違って、Twitterはこのプロダクトを存続させる。Mitroはオープンソースのプロジェクトになり、同社はElectronic Frontier Foundationと共同でコードを管理し、Mitro自身は自立的で非営利でコミュニティが支えるサービスになる。当面それは、少なくとも年内までは可利用である。同社はMitroのサーバとクライアントのコードのすべてを、GPLライセンスのもとにGitHub上にリリースした

これは、Twitterのこれまでの買収のやり方とは違っている。たとえば同社がPosterousを買収したときは、そのプロダクトを閉鎖し、協同ファウンダで今はY CombinatorのパートナーであるGarry Tanは、 Posthavenという代替プロダクトを作った。Posterousのそれまでのユーザたちが路頭に迷うのを、防ぐためだ。つまりプロダクトにTwitterにとっての戦略的価値がないときには、人材の取得だけを目的とする方が、割に合うのだ。

Mitroはこれまで、Google VenturesとMatrix Partnersから120万ドルの資金を調達している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))