落としたAndroid画面に持ち主の連絡先を表示する「Androidデバイスマネージャー」

次の記事

中学生たちが夏休みにスタートアップ起業体験…自作アプリがApple/Googleのストアに並ぶまで

plz

Androidにも、リモートから端末の位置を確認したりあるいは画面をロックする術のあることをご存知だろうか。主になくしてしまったときに使うことを想定した機能だ。Googleがあまり積極的に情報を流していないようで、知らない人も多いように感じる。しかしGoogle製のAndroidデバイスマネージャーが新しくなりいっそう便利に使えるようになった。これはぜひともチェックしておくべきだと思う。

今回追加されたのは、振り返ってみれば「当然最初から導入しておくべきだった」とも思える機能だ。誰かに自分のスマートフォンを見つけてもらった際、自分に(自分のみに)発信することができるようにするのだ。

使い方を説明しよう。スマートフォンをなくしてしまったら、すぐにGoogleがブラウザ上で提供しているAndroidデバイスマネージャーにアクセスする。そこで「ロック」ボタンをクリックするとロック解除パスワード、復旧メッセージ、そして自分に繋がる電話番号を入力しておくことができる。

これで設定は完了だ。スマートフォンを拾った人は、画面に表示されるボタンをタップするだけで、持ち主に連絡をとることができるようになったわけだ(もちろん拾った人の善意が前提ではある)。持ち主への連絡ボタン以外は指定したパスワードによりロックされているので、持ち主に連絡する以外には使えないようになっているのだ。

この機能がそのまま使えればもっと良いのだろうが、まず最初にアプリケーションをインストールしておくのをお忘れなく。

[via Phandroid]

Screen Shot 2014-08-08 at 1.47.32 PM

原文へ

(翻訳:Maeda, H