Facebook、クリック稼ぎの釣りネタ投稿の排除へ

次の記事

コンピュータウイルスが人間に感染する日

「なんとこんな信じられないことが起きた! このビデオは必見!」などという投稿にうんざりしているのはFacebookのユーザーばかりではなかったらしい。

Facebookは今日(米国時間8/25)、 公式ブログで、「クリックベイト(クリックを釣る)見出し」、つまり「内容について有益な情報を与えずに人々に記事をクリックさせようとするような見出し」を排除する努力を始めたと発表した。

クリックベイトに対する苦情は目新しいものではないが(たとえばOnionのClickHoleという釣りネタ記事のパロディーサイトは私のお気に入りだ)、Facebookは「こうしたクリックベイト記事が友達やフォローしているページからの有益な情報を埋もれさせる」と憂慮する。

それではFacebookはどうやってクリックベイト見出しを見分けるのか? Facebookチームはユーザーの反応に注目する。クリックした記事を読む時間(Facebookに戻るまでの時間)、クリック数と「いいね!」や「シェア」の比率などを参考にして記事の価値を推定するのだという。

こうした間接的な手法ではニュースフィードからクリックベイトをすぐに大きく減らすのは無理だろう。しかしリンクをクリックした途端に「なんだこりゃ?」となってすぐにFacebookの戻るユーザーが多かった記事に表示上のペナルティーが課されるならよいことだ。

数ヶ月前、Facebookはニュースフィードへのスパムを減らす努力をしていると発表した。Facebookページが増加しているのにユーザーのFacebook滞在時間は変わらない以上、ページ間でのユーザーの奪い合いは激化しているわけだ。

なお、Facebookは今日のブログで「写真のキャプションではなく、テキスト中にリンクを埋めた投稿を優先する」としている。

[画像 via Flickr/SamahR]

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+