phhhoto
hyperhyper.com

iPadでGIF動画が撮れるPhhhotoにみんながはまった、ヘンな名前のアプリなのに

次の記事

Flickrが20歳未満のフォトグラファーたちの作品集とコンテストを立ち上げ

6月の終わりごろローンチしたPhhhotoは、写真をgifの動画で撮ってSNSなどで共有する、というアプリだ。でも、共有される写真の点数が100万を超えた今では、やや変わり始めている。

作者のOmar ElsayedとChamp BennettとRussell Armandは、デジタルエージェンシーHyperHyper.comの出身で、今でも同社に在籍している(今Playboy.comへのデザイン変更中)。2012年にオフィスで行ったパーティーで、iPadでgifを撮る写真ブース*を三人で作ろうという話になった。遊びで。〔写真ブース、photo booth、証明写真やスピード写真を撮るような小さな‘写真小屋’。屋内ならパーティションで囲ったもの。〕

その写真ブースはパーティーに来た人たちの人気になり、そこで彼らは、照明装置などのある、持ち運びできるブースを作ることにした。彼らはそれをPhhhoto Proと名づけて、パーティーや催事の会場などに貸し出すことにした。料金はイベントの種類によって違うが、数千ドル程度だ。

その、ポータブルなgif撮影ブースは、至るところで好評となり、いろんなイベントで計20万人の人が利用した。でも、大きな不平があった: アプリにしろよ!

そこで彼らは、Phhhotoという、動く写真を撮ってソーシャルネットワークで共有するアプリを作った。それは、4枚の連続写真を撮ってそれをgif画像に変換する、という超簡単なアプリだ。でもInstagramなどのソーシャルメディアと統合したので、Instagramへの写真の投稿が毎日の習慣になってる人たち(==わたしたち)が、自然に使えるアプリになっっている。

skrillex

クールなPhhhotosをいっぱい見たい人はここへ、アプリをダウンロードしたい人はここへ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))