iOS 8版1Passwordはフリーミアム。一部アプリで指紋認証が利用可能に

次の記事

Apple、iPadとOS Xのイベントを10月開催か

1Password

1Passwordは、様々なアカウントのために長くて複雑なパスワードを生成し、それを自分で決めた1つのパスワードでアクセスすることによって、セキュリティーを高めるアプリだ。今日(米国時間9/17)iOS 8版が公開され、Touch ID(指紋認証)、一部アプリ(Safariを含む)でのExtensionの利用が可能になると共に、新たな低価格が設定された:無料。

iOS版1Passwordはフリーミアムになり、以前の有料版にあった機能はすべて無料で使える。もしあなたがパワーユーザーなら、新たな “Pro” 機能を利用できる。以前の有料版1Passwordのユーザーは、iOS 8にアップデートすればPro版の全機能が使える

1PasswordのブラウザーおよびSafariで、あらゆるパスワードをTouch IDに隠すことができる他、新バージョンでは、サードパーティーデベロッパーが、Appleの新しい拡張機能を使って1Passwordをアプリに統合できるようになる。今月のAgileBitsのブログ記事によると、1Passwordをアプリで利用したいデベロッパーが現在利用できる機能は以下の通り。

  • Safariで、ログイン、クレジットカード、および個人情報を自動入力する
  • 他の統合したサードパーティーアプリ(ウェブブラウザーを含む)でログインを自動入力する
  • サインアップ時に強力なパスワードを生成する
  • アプリ内でログインパスワードを変えた場合に更新する

デベロッパーはこれらの機能を各自実装する必要があるため、お気に入りのアプリが1Passwordの拡張機能を利用できるまでには、まだ時間がかかるかもしれない。下のGIFアニメは、Stewart Butterfieldの人気ビジネスメッセーシングアプリ、Slackで1Passwordを使っている様子(Touch IDは使っていない)。

1Password Slack

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook