マイクロソフト、さらに2100名をレイオフ

次の記事

ブックマーキングサービスの元祖Instapaperがフリーミアムに、iOS版を大改装

予定されていた通り、Microsoftは2100名の従業員を本日(米国時間9/18)解雇した。うち747名は本社事務所のあるシアトル-レドモンド地域の人々だ。

今回の人員削減は、以前発表されていたレイオフの一環だ。予定された1万8000人の削減のうち、1万3000人はほぼ直ちに実行された。今日の2100人で、合計人数は1万5000人をわずかに越え、まだ3000人を残している。

Microsoftは、Nokiaハードウェア部門の大部分を買収した際、多数の従業員を引き取った。新たな携帯電話事業は、直近四半期の1株当たり利益を大幅に引き下げた。短期的に見て、会社はこれらの社員を賄い切れない。よってレイオフとなった。

Microsoftは、削減によって動きが迅速になることを期待している。それは真実かもしれない。現場の情報筋によると、レドモンドの全体的雰囲気は平穏で、キャンパスの社員らは、この大量解雇にもさほど動揺を見せいないという。もっとも、現在までのレイオフ対象者の殆どは、非本社拠点の住民たちである。

最低あと1ラウンドのレイオフが見込まれている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook