ios 8
iMessage]

iOS 8の自撮り誤送信機能で人生を棒に振らないために

次の記事

早期出資者が明かす、Alibabaの進化から得た教訓

iOS 8のメッセージアプリで、自撮り写真を誤送信した人はいないだろうか?

私はやってしまった。

これがそれだ。

Screenshot 2014-09-21 14.42.56

イマイチだ。

私はiOS 8に関しては奥手だった。仲間のITジャーナリストの多くはOSのベータ版を手に入れる術を知っているが、私は怠惰からか、あるいはその手のものには近づかないという偽りの信心からか、AppleのモバイルOSの新バージョンは公開されるまで待つのが普通だ。iOS 8もそうだった。

水曜日、私は多くの人々と共にiPhoneの画面を見ながら新OSの到着を待っていた。私は寝入ってしまったが、ケーブルにもWifiにも確実つながれていた私のiPhoneは、ゆっくりとアップデートされていた。

iOS 8の新しいメッセージアプリは、Appleの大きな目玉だ。同社のメッセージプラットフォームは、徐々にプラットフォーム無依存のチャットアプリになりつつあるが(iMessageや、既読通知など)、iOSは最新のソーシャルアプリやコミュニケーションアプリに対する大きな一歩だ。

例えば、iOS 8のiMessageは、意識して保存しなければ消滅するボイスメモやビデオを送れるようになった。これらの機能は、入力ボックスに組み込まれていて、右側のアイコンは押すと音声を録音するが、左の見慣れたカメラアイコンは少々油断がならない。

このカメラボタンをタップすると、従来通りのオプションが表示される。カメラロールから写真を選ぶか、写真またはビデオを撮るかだ。しかし、ボタンを長押しすると、新たにボタンが2つ現れる。左がカメラボタンで、右が赤い丸の録画ボタンだ。The Vergeが指摘するように、このボタンを押して写真やビデオを送るしくみは、Snapchatを思い起こさせる。

ボタンを押したら,手を放してカメラボタンまたは録画ボタンを押すか、そのままこれらのボタンに指をずらせば、写真またはビデオを撮影できる。

しかし、ここに罠がある。

ビデオでも、ボイスメモでも、iMessageは送る前にプレビューすることかできる。一度再生してみてから、削除するか世界に向けて発信し他の人の視聴と判断を仰ぐかを選ぶことができる。

静止画像では、なぜか、カメラボタンから指を離した瞬間に自動的に送信されてしまう!

寝起きでiOS 8に初めて触り、新しいiMessageを嬉しくいじっていた私は、会話画面を開いてボイスメモを「ドラフト」モードで安全に録音してはバカな音声を聞いていた。そして、左で有効になっていたカメラボタンに指を伸ばした。

そして、気付く間もなくこれが送信されていた。

Screenshot 2014-09-21 14.42.56

読者の多くは私より賢いと信じているが、もし誰かが私の失敗を繰り返さないために役立つのであれば、この警告を心に留めておくように。iMessageのカメラショートカットボタンは、
〈ボタンから指を離した瞬間、自動的に送信される〉。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook