Apple、謝罪を添えてiOS 8.0.2の提供を開始

次の記事

データを完全に自己管理したい人のためのパーソナルサーバデバイスWedg

Appleが早速iOS 8.0.2をリリースした。iOS 8.0.1の問題点に対処するものだ。8.0.1では、iPhone 6やiPhone 6 Plusで通話ができなくなるなどの問題が出ていた。8.0.1で対応したはずだった、ヘルスキットアプリケーションが立ち上がらなくなるといった各種バグにも対応している。

アプリケーション利用中に入力システムを切り替えた際に、すぐにApple標準のものに戻ってしまうという問題も報告されていたが、これにも対応したようだ。アップデート版のリリースとともに、以下の声明を発表している。

iOS 8.0.2をリリースいたしました。iPhone 6およびiPhone 6 Plusで問題となっていたiOS 8.0.1のバグを修正いたしました。またiOS 8.0.1で行ったバグフィックスは8.0.2でも対処済となっています。iOS 8.0.1のバグによりご迷惑をおかけしたiPhone 6およびiPhone 6 Plus利用者のみなさまにお詫び申し上げます。

Appleによると、iOS 8.0.1へのアップグレードによりトラブルを被ったiPhone 6およびiPhone 6 Plusの利用者は4万人弱程度であったとのこと。iOS 8.0.1が公開されていたのは1時間少々の間だった。

アップデートを行うにはiTunesにつないでアップデートの確認を行うか、あるいは「Settings> General」のメニューからSoftware Updateを選べば良い。

原文へ

(翻訳:Maeda, H