GoPro株が急落 ― 創業チームが580万株を慈善団体に移管した後

次の記事

Tesla Motors、10月9日ロサンゼルスで世界初の電動スーパーカー、モデルDを発表へ

GoProの株価が今日、6%以上急落した。同社の創業チームが580万株以上を慈善団体に移管すると発表した直後のことだ。

評論家らはすぐにこの動きを、上場間もない会社のインサイダーが株を売ることを禁止するロックアップ(売却禁止)期間を回避するためだと指摘した。この規則は、新たに上場した会社で株価操作が行われるのを防ぐために制定されている。

GoProは、IPO以来大きく値上がりしている。しかし、1日で大きく暴落したのは今日が初めてではない。上場後初の収支報告の後、GoProは大きく沈んだ。当時TechCrunchはこう報じた

第2四半期、GoProの売上は2.446億ドル、前年比38.1%増、1株当たり非GAAP利益は0.08ドルだった。アナリストの予測は、それぞれ2.37億ドル、0.06ドルだった。

GAAP基準によると、GoProは同四半期に1980万ドル、希釈後1株当たり0.24ドルの純損失を出している。2014年第1四半期にGoProは、GAAPベースでも利益を上げていた。一年前の同期、同社はやはり損を出しており、GAAP純損失は510万ドル、1株当たり0.06ドルだった。

ファウンダーらが株式を移す行為は、同社の中核事業を変えるわけではない。しかし、一部の目からは、彼らが目先の利益に走っているようにも見える。それは少々皮肉な見方ではあるが、正しい。

GoProは、最近上場したテクノロジー関連企業の中でも好調を続けている。Zendesk、MobileIronも同様だ。しかし、King Digtal等、苦闘している会社もある。

GoProは上場後もさほど公開取引が多くないことも、内部による買却や移管の影響を大きくしている。急落後の同社の時価総額は約110億ドル。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook