ニュース
Google / グーグル(企業)

Google、警備員を正社員として雇用

次の記事

Facebook Messengerには、支払い機能のコードが隠されている

Googleは200名以上の警備員を雇用し、同社のフルタイムおよびパートタイムの従業員とする計画だ。これは会社の福利厚生を受けられることを意味している。従来Googleの警備員は、Security Industry Specialists(SIS)という外部の請負業者から派遣されていた。

このニュースは、金曜日(米国時間10/3)のThe Wall Street Journalその他.で報道された。同社の広報担当者はメールでこの計画を正式に認め、以下の声明を送ってきた。

社内警備チームを作ることは当社の念願だった。一年前にGoogle警備運用センターを設置したが、この重要な役割をフルタイムおよびパートナイムのGoogle社員が担うことを楽しみにしている。

今年に入り、Googleのマウンテンビュー本社およびサンフランシスコ中心部のAppleストアで、労働組合が抗議行動を起こし、IT企業と警備員との関係に注目を集めさせ、その低賃金と福利厚生の欠如を訴えようとした。

しかし、GoogleもSISもこうした抗議に答えるとは言わなかった。警備会社はWSJに対して、この判断は「SISの通常業務の一環として決定された後、Googleに伝えられたものだ」と語った。なおGoogleは、移行期間中はSISの協力を仰ぐと言っている。

画像提供:flickr/Marcin wichary

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook