image sharing
GIFs

GIF画像をアップロードするとビデオに変換して載せる画像共有サイトImgur

次の記事

ついにRingが一般販売開始、269ドルの「魔法の指輪」で何ができる?

Back to the Future

画像を共有するソーシャルサイトImgurが今日、90年代にみんなに愛されていたGIFフォーマットを、HTML5を使った現代的なWebの形式に変える社内プロジェクトProject GIFVをスタートさせた。今後同サイトは、GIF形式でアップロードされた画像をすべて、MP4による軽量のビデオに変換する。

そのMP4ビデオは“.gifv形式”と呼ばれ、見た目には元のGIFと同じだが、ロードが相当速くて、また、今の10倍、最大50MBまでのファイルをサポートする。それにTwitterやFacebookなどのニューズフィードもGIFよりはビデオが合っているから、今後はリンクではなく実際のコンテンツを見られる可能性が高くなる。

短いループするビデオではGIFの使用をやめよう、と決めたのはImgurが初めてではない。たとえばGfycatは、ユーザがGIFや、YouTube、VimeoなどのビデオのURLを投稿すると、それらよりもロードの速いHTML5のビデオのリンクに変えて掲載する。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))