日本で3Dプリンターを使って銃を作った男、地裁判断は2年間の実刑判決

次の記事

冷蔵庫にミルクがあるか(いたんでないか)教えてくれるMilkzUpBottle

湘南工科大学の元職員である居村佳知は、3DプリンターでZigZagと呼ばれる拳銃を製造・使用し、日本の厳格な銃規制法に違反したとして逮捕されていた。

検察側は、居村被告の行為は銃規制に反対する立場から、殺傷能力を有する銃を簡単に製造可能であることを広めようとした行為であると断じていた。伊名波裁判長曰く「誰でも拳銃を製造して所持できることを示し、銃規制を形骸化しようと考えた」とのこと。

居村被告は起訴事実は認めつつ、「違法性の認識はなかった」と主張していた。裁判所の判断としては、今回の事件に実刑を課すことで、今後の類似犯の発生をおさえようとする意図があるものと思われる。

via 3DPrint

原文へ

(翻訳:Maeda, H