directory
service directory
Oneflare

職業別電話帳よりも便利なオーストラリアのサービスディレクトリOneflareが独自ノウハウで国際展開を目指す

次の記事

Elloが$5.5Mを調達、公益法人として登記し、広告なし+データを売らないを義務化

地域のさまざまなサービスのためのネット上の売り場/店頭(Webジャーゴンで“マーケットプレース”)を提供しているオーストラリアのシドニーのOneflareが、オーストラリアドルで100万ドル(USDで約88万ドル)の追加投資を獲得し、総調達額が130万ドルとなった。投資家はEquity Venture PartnersのLes Szekely、Sydney Seed FundのGarry Visontay、そしてThe Strategy Groupの Dr. Jeffrey Tobiasだ。同社によると、資金は営業マーケティング部門の新規雇用と、事業の国際展開に充てられる。〔*: サービスディレクトリは物理的な各種サービスのディレクトリ(所在目録)、ディレクトリサービスはネットワーク上の各種リソースのディレクトリ(所在目録)提供ソフト。〕

このサイトは、登録業者の事前調査を綿密に行い、ユーザは複数のサービスプロバイダから見積もりを取ってよい。職種は清掃、電気工事、水道工事、塗装、会計士、庭師などさまざまだ。2011年にMarcus LimとAdam Dongが創業したOneflareは、今では約5万のサービスプロバイダ業者が登録し、職種カテゴリーは200種を超えている。毎月のビジター数は50万にのぼる。Limによると、Oneflareが対象としている市場の規模(各種サービスの売上年商合計)は約180億ドルだが、今はまだYellow Pages(イエローページ, 職業別電話帳)のシェアがきわめて大きい。

またネット上のOneflareの競合他社としてはTrueLocalGumtreeなどのディレクトリサイトがある。それらの中でOneflareの差別化要因は、Limによると、複数見積可と、ABN(事業者登録番号)や営業許可証、保険、資格や免許などを事前に細かく調べることだ。また、終わった仕事に関しては各仕事のページに顧客のレビューが載り、業者そのものに対する一般的な評価レビューとは別になる。

OneflareはWebとモバイルから利用できるが、損害に対する最大500オーストラリアドルまでの保険がある。また約束の日時に来れなかった業者は、罰金50オーストラリアドルを自弁しなければならない。

今、このサイトの各月のユニークビジターは50万、これまでにリクエストされた仕事の料金総額は5500万オーストラリアドルを超えている。今年の売上*は昨年に比べtげ3倍増、トラフィックの総量は1年前に比べて300%増加した。〔*: 見込み客への見積提示に関して課金、その数量がコンスタントに多い業者には月額会員制プランもある。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))