BlackberryのCEO、次期QWERTY端末をブログでティーザー

次の記事

家庭用マシンの中にバリスタを配置するArist、Kickstarterキャンペーンを展開中


Blackberryは健在だ。今日(米国時間10/29)CEOのJohn Chenは、近々BlackBerry Classicを発売することを公表した。それは、どうやら、クラシックなBlackBerryのようだ。

画面サイズやバッテリー寿命などの詳細は明らかにされていない。しかし、唯一あなたが知るべきなのは、このClassicに「Blackberry QWERTYキーボード」が塔載されることだ。

Blackberryは物理的キーボードの付いた携帯電話を諦めたことがない。2013年4月に発売されたQ10は、同社初のBB10 OS塔載QWERTYフォンだったが、少々老いを感じてきたし、魅力的デバイスとは言えなかった。この端末では筋金入りBlackBerry Boldユーザーたちを完全に満足させることができなかったとも聞いている ― Chen自身もブログに書いていることだ

Chenによると、Classicはスクリーンが改良され、BlackBerry 10の全機能がサポートされる。

何より重要なのは、Blackberryがコアユーザーの元に戻ってくることだ。この会社が生き残るためには、Blackberryを離れなかったユーザーたちを満足させると共に、かつてのBlackberryオーナーたちに、再度Blackberryを試すよう説得する必要がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook