Aereo

Aereoが破産申請を提出

次の記事

今週は日本で行われたTechCrunch TokyoでもStartup Battlefieldが、そして優勝チームは…

【抄訳】

今放送中のテレビをインターネットから視聴できるサービスAereoが今日(米国時間11/21)、連邦倒産法第11章に基づく破産申請をニューヨーク南地区倒産裁判所に提出した。同社はArgusのLawton Bloomを、今後徐々に進む会社閉鎖処理におけるChief Restructuring Officer(再生担当最高責任者)に指名した。

同社はすでに2週間前に、今日に備えて大量の解雇を行った。そのときは、これでAereoの終わりは近い、という印象を与えた。

同社のブログの記事に、CEOでファウンダのChet Kanojiaはこう書いている:

ニューヨークとボストンの連邦地裁や第二巡回控訴裁で大きな勝利をおさめたにもかかわらず、6月に最高裁が下した逆転判決は、克服が困難と判明しました。最高裁の決定は実質的に、Aereoの技術の根拠となっていた法を変えるものであり、法律的な不確定性を作り出しています。これまで弊社は、前進のためのあらゆる方法を全力を傾けて探求して参りましたが、それが明確にならないかぎり、裁定の克服はあまりにも困難と実証されました。

【後略】

関連記事(未訳)、過去記事。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))