fleet management
connected car
zendrive

運転者が運転に集中していることを遠隔監視するZendriveが、対象車両数の多いユーザ企業向けに有料サービスを立ち上げ

次の記事

今週のまとめ ― Apple Watch、サードパーティー製アプリは表示のみ?

Zendriveは、スマートフォンのセンサを利用してドライバ(運転手)の行動をモニタするスタートアップだが、今日(米国時間11/25)は同社初の有料サービスZenFleetsを発表した。fleet(全車)という名前が示しているように、ZenFleetsは、常時大量の車が路上にある企業のためのサービスだ。

企業はZenFleetsを使って、各車の位置や動きを知るが、もっと重要なのは、運転手が運転と道路に集中しているか否かが分かることだ。類似サービスの多くは車のセンサを利用して車の状態だけをユーザに知らせるが、Zendriveはドライバーにも注意を向ける。

services-dash

Zendriveは車のスピードや加速度など、ほかのサービスと同様の基本的なデータも一定時間間隔で見る。でも、車のセンサの方が性能が安定していて正確を思うかも知れないが、Zendriveの説ではスマートフォンのデータも結構正確である。それにZendriveは、ドライバーが運転に注意を集中せずにたとえば携帯電話〜スマートフォンを使っていることも、見つける。

同社はこの新しい有料サービスを、ライドシェアやカーシェアリング、配達配送会社などに売り込むつもりだ。Zendriveの協同ファウンダによると、“ZenFleetsサービスはオンデマンドの運転サービスが利用するのに適している。それは、今伸びているライドシェアやカーシェア、それにラストマイル〔最後の1マイル、顧客にもっとも近い運送業〕のデリバリ企業だ。ドライバー中心のデータ分析だから、スケーラビリティも安全かつ効率的だ”。たとえばUberやLyftなどのサービスは自分で車を保有していないから、各ドライバーのスマートフォンのセンサを使う方法のほうが、特殊なハードウェアを据え付ける方法よりも、ずっと簡便だ。

Zendriveは今日さらに、BMW i VenturesやBill FordのVC企業Fontinalis Partners、Expansion Capital、それにFirst Round Capitalからの資金調達も発表した。この前の資金調達は2013年の150万ドルだった。今回はZendriveは、金額を公表していない。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))