weeklyroundup

今週のTechCrunch重要記事ラウンドアップ〔US版〕

次の記事

欧州議会がGoogleの分割を提議…検索の分離独立による市場競争条件の改善を希求

今週末は感謝祭の連休に入るので、少し早いが今週のまとめをお送りする(米国時間 11/22-11/26)。

1. Matt Burns記者が、アメリカ最大のケーブルテレビ会社、Comcastがなぜかくも嫌われるのかを書いた。 Comcastにボラれないためにこっちも嘘をつかねばならないわけ

2. 最近のUberスキャンダルについて Jon Evans記者はピーター・ティールの「Uberはシリコンバレーでもっとも倫理的に問題のある会社だ」という発言を引き、反社会的な企業文化を変えていかねばならないと批判した。〔日本版〕 Uber、相次ぐ幹部のスキャンダルに大揺れ―モラルの立て直しが即刻必要

3. イーロン・マスクは 連続ツイートで〔日本版〕「SpaceXがインターネット接続用低価格小型衛星を開発」という報道を確認した。スターウォーズのXウィング機のような翼で打ち上げロケットをコントロールして海上の艀に回収するという野心的な計画だ。

4. オンラインデートサイトのTinderの元社員、Whitney WolfeがTinderの直接のライバルとなるBumbleというサービスを立ち上げた

5. シリコンバレーのスタートアップのSM問題というDanny Crichtonの寄稿は、セールスとマーケティングのコストが過大化している傾向に警鐘を鳴らしている。

6. ケーブルテレビの終わりの始まり? 新しい時代の始まり?というBraxton Jarrattの寄稿は、HBOが スタンドアローンのストリーミングサービスを準備しているという情報を詳しく分析した。

7. 〔日本版〕Yahoo、写真関連サービスを展開してきたCoolirisを買収

8. The American Music Awardsを舞台としたユーザーが協力してライブ中継するOur Storyのマネタイズの実験は、Samsungがスポンサーだった

9. Darrell Etherington記者はしばらく実際に使った後で、〔日本版〕GoogleのNexux 6: 今は大きすぎても将来はぴったりサイズになると考えを改めた。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+