ポートランド市、Uberを訴える

次の記事

プログラミングなるもの、大統領もしてみんとてするなり

portland
まだ月曜日(米国時間12/8)だというのに、Uberには何という一週間だろう。同社はニューデリーで営業停止になり、オランダを追い出され、今度はオレゴン州ポートランド市が彼らを訴えようとしている。

Uberは金曜日にポートランドでスタートしたばかりだが、市の運輸局は早くも鉄鎚を下した。

争点? みんなが知っていることだ。同市には乗合自動車が従うべき条令があり、Uberにもそれを守ってほしいと言っている。合意するまで市はUberに境界内で運用させたくない。

市はUberに営業を停止するよう警告状を発行し、裁判所に執行を依頼した。

もしUberが同市で営業を続ければ、会社および運転手個人両方に、相当な額の罰金を徴収される。違反のある毎に、会社1500ドル、運転手には最低2250ドルの違反キップが切られる。たとえ1日に1~2件であっても、1年後には数百万ドルになる。

Uberには同社が運用している市の命令を無視してきた歴史がある。Uberが参入している他の多くの都市とは異なり、ポートランド市当局は、運転手個人から直接罰金を徴収すると明言している。Uberが2000ドル超のチケットを毎回肩代わりすると約束しない限り、運転手にハンドルを握らせるのは困難だろう。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook