サーモスタットのNest、Google Nowから音声制御が可能に

次の記事

コンロビア大学メディカルセンター、3Dプリントによる膝半月板の再生医療に成功


家の中は寒い、しかしサーモスタットは〈はるか遠く〉にある。

サーモスタットまで歩いていって温度を上げることはできる、しかし、〈歩く〉なんて。もしあなたがNestを持っていれば、アプりを開いて設定できる、しかし、〈アプリを手で立ち上げる〉なんて。これっていつの話、2007年?

今日の午前をもって、Nestはあなたの声で制御できるようになった。

今年行ったあの32億ドルの買収を活用するべく、GoogleはNestの機能をGoogle Nowに統合した。暖かくしたい?「OK Google、温度を24度に変更」とスマホに言うだけでいい。

さらにGoogle Nowは、Nestの自動制御設定が開始されるたびにカードを表示する。もし、あなたの帰りを迎えるためにNest自身が温度を上げることにすれば、Nowカードをポップアップさせる。

いくつか注意点を:

  • Google Nowを利用しているため、音声機能がシステム全体で働くのは今のところAndroidだけだ。iOSでも音声コマンドは使えるが、Googleアプリを通じてのみになる。
  • 重要な(当然だと思いたい)ことだが、これをするためにはNestが設置されている必要がある。他のサーモスタットでは使えない。しかし、使えると言って誰かが家の中で叫ぶところを見るのも面白いかもしれない。
  • 音声コマンドを使うためにはNestアカウントで設定を有効にする必要がある。もしGoogleがこれをデフォルトでオンにしたら、びっくり仰天する人が出てくるだろう。

オーケー、Google。こんどは「紅茶、アールグレーのホット」に答えてくれるよう、わが家に教えてほしい。

[via AndroidPolice]

Now

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook