photo filter
facebook photos

Facebook、投稿写真のアルゴリズムによる自動露光調整をリリース

次の記事

犬のダービーは3Dプリント義足のおかげで飼い主と毎朝ジョギングできるようになった

われわれの大部分は特に優れた写真家ではないが、それでも大量に写真を撮る。その写真の多くは露光を少し調整するとずっと見やすくなる。Facebookは、私の取材に対して、今日(米国時間12/16)から、 iOSデバイスから投稿された写真を自動的に補正処理する機能を提供し始めたことを明かした。Androidについても近く対応するという。自動補正の程度はスライダーで調整でき、いつでもオリジナルの状態に戻すことができる。

この機能のおかげで、真っ暗な写真でも誰でも簡単に何が写っているのかわかるようにできる。

Facebookは他のソーシャルメディアと写真投稿を巡って激しい競争を続けてきた。この戦いには膨大なトラフィックが賭けられている。最近、Twitterはフィルタのインタフェースを一新したし、Snapchatは色とキャプションの両方を調整できるフィルターをローンチした。Instagramも新しいフィルターを5種類追加し、Google+はFacebookの今回の機能に似た自動補正機能を1年前から提供している。

Auto Enhance

これまでモバイル・デバイスからFacebookに写真をアップロードする際は、まずオリジナルの写真が表示され、ユーザーはそれが気に入らなければ、自動明るさ調整ボタンを押すか、Facebookのフィルターを個別に呼び出して適用するかを選んだ。これはユーザーがいちいち試行錯誤しなければならないのでかなり時間と手間がかかるプロセスだ。

これからは写真には自動的に明るさフィルターがかかる。ユーザーはスライダーで簡単に補正の強度を強めたり、弱めたりできる。私がテストしたところではこの自動補正はやや強すぎと感じる場合があった。しかし全体としては手動で調整してもそうなるだろうという範囲に収まっていた。そして何より手間がいらない。

これはイベント、パーティー、スポーツなどの場所で、写真の補正に時間をかけていられない場合に特に役立つだろう。何か特別な瞬間を共有するには最適のアプリになりそうだ。

[原文へ]

(翻訳:<