Motorcycle helmet
Livemap
Hardware Battlefield

Livemapのバイク用カーナビは世界初のヘルメット内蔵ヘッドアップ・ディスプレイ―来夏発売へ

次の記事

マウス(二次元、低精度)を超えた入力デバイス、フロー(三次元、高精度)は画面注視から人間ユーザを解放

CES(コンシューマー・エレクロニクス・ショー)が近づく中、去年のCESで開催されたTechCrunchのハードウェア・バトルフィールドの参加スタートアップからアップデートを受け取った。

ロシアのスタートアップ、Livemapは、オートバイ用の音声制御のカーナビ内蔵ヘルメットを開発している。画像はヘルメットのフェイスシールドに透過的投影されるため、ユーザーの視野を妨げず、情報を読取るために視線を動かす必要もない。

こちらは2014年1月のハードウェア・バトルフィールドでのLivemapのプレゼンの記事

私の取材に対してCEOのAndrew Artishchevはメールで「この1年、われわれは量産のためのプロトタイプを開発してきた。われわれの光学系は単一の非球面レンズを利用しており、これは明るく、高度な焦点距離制御がでできるだけでなく、マルチレンズ・デザインより製造コストがはるかに安くなる」と説明する。

Livemap Lens Diagram

Livemapは2015年の春にプロトタイプを公開し、夏にはアメリカで市販を開始する計画だ。

プロトタイプ開発の資金としてLivemapはロシア科学省から1470万ルーブル(30万ドル弱)の助成金を受けた。ロシア語に堪能なら(それともGoogle翻訳を解読する根気があれば)、ここにその詳細がある。

ArtishchevはまたSkullyというヘルメット内蔵カーナビのライバルについて、「Skully P1は簡単にいえばヘルメットにGoogle Glassを取り付けただけの製品で、視野は狭小、輝度とコントラストも低く、情報を読取るのにいちいち視線を動かさねならない。また衝突の際にも危険だ」と批判した。

Update: こちらでArtishchevがLivemapとSkully、さらに別のライバルNuvzを比較している

〔日本版〕Livemapのヘッドアップ・ディスプレイ視野画像とTechCrunchハードウェア・バトルフィールドのデモビデオ。

2014-12-30-livemap

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+