bicycle

自転車用GPSロガーであり盗難防止にも役立つConnected Cycleの「スマート・ペダル」

次の記事

NvidiaがMaxwell GPU搭載のTegra X1を発表

いつもブログにも書いているのだが、自転車に乗るのが大好きだ。もちろん自転車そのものも好きだ。サンフランシスコにある職場にも、たいてい自転車で通っている。ほぼ車を必要としないというライフスタイルが、自分ではとても気に入っているのだ。

但し。いつでも自転車が使えるというわけでもない。乗って行く場所によっては、大いに盗難の危険性にさらされることになってしまうのだ。これを解決しようという新しい試みが、Connected Cycleというフランス企業による「ペダル」だ。盗難防止機能を備える上に、自転車活動の記録を取ることもできるようになっている。

仕組みは(現代社会においては)単純で、このペダルを装着した自転車が移動された場合、モバイルアプリケーション経由でアラートが送られるようになっている。クラウドに接続するGPS機能を備えているわけだ。誰かが想定外に自転車を移動させればすぐに検知することができる。

connected cycle-1

あるいはそうした盗難防止よりも、モバイルアプリケーションで自転車を使った活動のログが取れることに魅力を感じる人も多いかもしれない。一定の期間内での移動距離や、移動ルートなどを振り返ることができるし、消費カロリーの計算なども行なってくれる。

自転車活動のログはとりたいと考えているものの、しかし活動開始時にアプリケーションを起動してスタートボタンを押すといったことを忘れてしまいがちな人にも便利だろう。あるいは貸自転車サービスを行う際にも便利かもしれない。盗難防止と活動記録の二兎を追った、手軽なソリューションと言えるだろう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H