Hardware Battlefield
naptime

赤ちゃんの夜泣き当番を決めて、深夜の夫婦ストレスを軽減するNapTime

次の記事

リアル志向、フリマ、インスタントEC――激変するEC業界を振り返って2015年を展望する

赤ちゃんはまさに神の恵みといっても良い存在だと思う。しかし新生児とともに暮らしながら、十分な睡眠をとるというのは非常に難しいことでもある。そのような状況に、少しでも役だとうと考え出されたのがNapTimeだ。Bluetoothを搭載して赤ちゃんをモニターする。そして必要なときにはお父さんとお母さんに順番で通知するようになっているのだ。

たとえば、おむつを替えて優しく寝かしつけるのがお父さんの番ならば、お父さんが身に着けているブレスレッドが振動するようになっているのだ。大きな音で二人を同時に起こしたりしないようになっている。もちろん、お母さんの番ならば、お母さんのブレスレットが振動する。

赤ちゃんのモニターはスマートフォンにインストールしたNapTimeアプリケーションおよびWi-Fiカメラを通じて行う。赤ちゃんの鳴き声をアプリケーションで検知し、起きる役になっている人にアラートを送る。またブレスレットをはめているかどうかも検知し、もし片方のブレスレットが装着されていないなら、設定によらず装着されているブレスレットにアラートを送るようにもなっている。両親の双方がブレスレットを装着していないような場合には、スマートフォンの着信音を鳴らすこともできる。

このシステムは子供部屋と行き来する両親の負担を減らしてくれるはずだ。また、赤ちゃんがどのような時間帯に、どのような理由で眼を覚ますのかを記録しておき、両親に備えを促すこともできる。

NaptimeはKickstarterでのキャンペーンを予定している。こちらのサイトに詳細な説明が掲載されている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H