BlackBerry株、Samsungによる買収話で急騰も、噂を否定して15%安

次の記事

<del>ドッグフード</del>マンフード完全食ドリンクSoylentがすでに黒字、早くもシリーズAで$20Mを調達

これは、Samsungが買収するかもしれないという噂の立った会社の株価がどうなるかを示している:

Screen Shot 2015-01-14 at 2.44.08 PMこれは、Blackberryの株価のスナップショットで、今日(米国時間1/14)Samsungが75億ドルで買収すると提案したという噂が広まった後、取引終了時までに30%近くはね上がった。

Blackberryは即座に噂を否定し、TechCrunchか報じたように、「SamsungとはBlackeBerry買収に関するいかなる提案に関する議論もしていない」ことを強く表明した。

そして、その結果:
Screen Shot 2015-01-14 at 2.47.36 PM
時間外取引では15%近く下げて10.71ドルとなっている。

数字は今後上っていくと思われる ― この短い記事を書き始めたから数ポイント上がっている。

噂されているSamsungの75億ドルという数字と比べて、25%以上急騰した後でさえ、BlackBerryの時価総額は55.6億ドルにすぎない。

BlackBerryはこのニュースによって、時価総額にして20億ドルすら増やしていない。これは2つのことを浮き彫りにしている。第一に、投資家はSamsungの買収に対して懐疑的であり、株価は噂されている提示価格近くまで押し上げられていない。そして二番目は、BlackBerryの基準となる評価額が低すぎるため、急騰してもドルの数字には違いが殆ど表れないことだ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook