ephemeral apps
xpire

TwitterやFacebookで自動消滅型投稿を可能とするXpire、Android版が登場(iOS版もアップデート)

次の記事

スマートヘルメットのSkully、150万ドルを追加調達

FacebookやTwitterといった一般的なソーシャルネットワークに比べて、投稿が自動で消去されるSnapchatなどの方がプライバシーが保護されやすいと感じている利用者も多いようだ。「自動消滅」を完全に信じてしまうことにも問題があるようだが(たとえば2014年にはSnapchatがハックされた)、しかし投稿がオンライン上にいつまでも残るよりも、その瞬間に消費されて(閲覧されて)そして消えてしまう方が良いと考えている人が存在するのは間違いない。

そうした「非永続性」を、一般的なソーシャルネットワーク上でも実現しようという試みもいくつかある。そのひとつが、今回Android版が公開されたXpireだ。Twitter上で自動消滅型の投稿が行えるようになる。

Android版は現在のところTwitterのみをサポートしている。しかしFacebookへの対応も進めているのだとのこと。以前からリリースされているiOS版はFacebook、Twitter、およびTumblrをサポートしている。

Dallasの大学生であるJesse Staufferが作ったこのアプリケーションに対してはMark Cubanがシード資金を提供してもいる。iPhone版がリリースされたのは昨年末のことだった。投稿記事に有効期限をつけ、それに従って自分の投稿を一定時期に消去することができるものだ。またキーワードで過去の投稿を検索することもでき、削除漏れにも配慮されている。

そしてなんと、新しい版では投稿「前」に不適切な内容について警告する機能も備えている。

Staufferによると、Xpireは投稿で使われている単語のリスク度合いを計算して、一定の基準を超えると警告するようになっているのだそうだ。「また、マシンラーニングの機能を搭載して、行おうとしている投稿の内容と普段の投稿の乖離具合などを判断して警告するようなこともできるようにしたいと考えています」とのこと。

FacebookやTwitter、そしてTumblrに自動消滅型の投稿機能が必要なのかと疑問に思う人もいるだろう。しかしXpireは、若者たちの間で流行る使い方を、そうした「トラディショナル」なネットワーク上でも実現しようとしているわけだ。

ダナ・ボイドも数年前、Facebook上でのコンテンツの永続性ないしそれにより何らかの事件を誘引するリスクを減じるための手段を見つけ出すだろうと述べていた。実際、Facebookのプロフィールに何も記述しなかったり、あるいは過去の投稿をすべて削除してしまうような人もいる。また、十分な時間が取れないようなときには、アカウントを一時的に使えなくしてしまうようなケースもある。

2013年のPewレポートでも、ソーシャルメディア上のコンテンツを削除してしまうという振る舞いが増えていることが報告されている。アメリカでFacebookを利用しているティーンのうち、58%が投稿の編集ないし削除を行ったことがあると回答している。また、Instagramなどでは不人気の投稿を削除するなどして、ネットワーク上でのアイデンティティを主体的に作っていこうとすることも多く為されているようだ。

コンテンツをコントロールしようとする動きは、どのソーシャルネットワークであるかを問わずに一般化しつつあるとも言えるのだろう。だが、FacebookやTwitterなど、コンテンツを削除しないことが(少なくとも現在のところ)一般的であるネットワーク上で、コンテンツを操作するためのツールというのは果たして求められているのだろうか。

Staufferによると、どうやら求められているらしい。Xpireは昨年のリリース以来「数万件」単位でダウンロードされているのだとのこと。シード資金を得たといっても微々たるもので、マーケティングや利用者獲得キャンペーンなどが行われていない中での数字としては注目に値するものだと思う。

今後の目標としては、エンゲージメント率を高めるような機能を充実していきたいとのことだ。ごくたまに行う「ソーシャルネットワークの大掃除」の時だけでなく、日々のソーシャルネットワークツールとして使われるようにしたいと目論んでいる。

「ソーシャルメディア上のコンテンツを閲覧するのにかかる時間を減らしたいと考えています」とStaufferは言う。「多くの人は毎日、膨大な時間をコンテンツ消費に充てています。私たちはコンテンツ閲覧に効率性をもたらすためのソリューションを実現しようと考えています。自分の投稿が閲覧され得る時間をコントロールするだけでなく、コンテンツ消費にかかる時間そのものをコントロールするようなツールに育てたいのです」とのことだ。

ソーシャルメディアを閲覧する時間を減らしたいというのも、多くのティーンが望んでいることだとする話題の投稿もある。十代の若者が、友達たちのソーシャルネットワーク上での行動様式などについて記したものだ。記事の中で、若者の間ではInstagramが人気で、その理由のひとつは流れてくるフィードの量が適切であることだと書かれている。Xpireは、他のソーシャルネットワーク上においても、フィードの「シンプルさ」を実現しようと考えているのだろう。

Xpireは無料で、Android版はこちらにある。アップデートされたiOS版はこちらからダウンロードできる。

(訳注:日本語処理の問題なのか、訳者のAndroid版では正常に動作しないようでした)

原文へ

(翻訳:Maeda, H