zaim

家計簿アプリ「Zaim」、意外と知られてない給付金を教えてくれるサービス

次の記事

Sony若手チームが「物のメッシュネットワーク」でクラウドファンディング…“事前知名度”をねらう

zaim01

オンライン家計簿アプリ「Zaim」が1月16日、住んでいる地域や家族構成、家計簿の記録から、ユーザーがもらえる可能性のある、国や地方自治体の給付金を教えてくれるサービス「わたしの給付金」を開始した。月額300円のプレミアム会員は、世帯構成を登録すれば、自分の条件に合う給付金を自動的に抽出してもらえる。当面は、東京23区と神奈川県の2市(横浜市・川崎市)が対象となっている。

ふだん、給付金を意識していない人が見ると、こんなにもたくさんあるのかと驚きそう。実際、Zaim社長の閑歳孝子さんも飼い猫の去勢手術をしたとき、自身が住んでいた区で手術代の一部が給付されることを知ったそうだ。「まさか地方自治体からそんな補助が出るなんて知らない人は多いですよね」(閑歳さん)。Zaimのプレミアム会員は世帯構成に「ペット」を登録しておけば、こうした給付金の存在を教えてもらえるようになっている。

地方自治体や国のサイトでは給付金の情報を掲載しているが、どこに何があるかがわかりづらかったり、何が書いてあるのか理解できなかったりすることもしばしば。そこでZaimでは、シンプルに最低限の説明だけを掲載し、正確な情報は役所のサイトにリンクしている。一覧性が高いので、自分が対象となる給付金がすぐに理解できそうだ。

zaim02

Zaimでは、過去4年間の支出をもとに、医療費控除の対象になる可能性のある支出を自動的に抽出するサービス「わたしの医療費控除」も開始した。プレミアム会員であれば、医療費控除の申請に必要な国税庁の「医療費集計フォーム」に、家計簿から医療費分を自動記入できる。無料会員は家計簿の記録をもとに、年間に支払った医療費と、手元に戻ってくる可能性のある金額がわかる。

zaim03

Zaimは2014年8月にひっそりとプレミアム会員サービスを開始。銀行口座やクレジットカードの履歴明細を取得するタイミングを無料の人よりも優先度を上げたり、複数アカウントを使い分けられるようにしている。全体におけるプレミアム会員の比率は非公表だが、広告や法人向けAPI提供を通じて、徐々にマネタイズを進めているようだ。ダウンロード数は300万超に上るという。

これまでは銀行口座やカードの明細取得や、カメラ撮影によるレシート入力など、家計簿での「記録」面の機能を強化してきた。給付金や医療費控除に関するサービスは家計簿とは異なるが、閑歳さんは「もともとZaimは家計簿を作りたい、というよりも『お金を通して一人ひとりの暮らしを楽しく、いいものにしたい』と考えて始めた。今後は広い意味での家計サービスを展開したい」と話している。