iOS版Chromeがマテリアルデザインに。ハンドオフもサポート

次の記事

CCCがスタートアップと一緒にサービスを作る――支援プログラムの審査会が開催


GoogleのモバイルWebブラウザー、Chrome for iOSが「マテリアルデザイン」になって今日(米国時間1/20)iPhoneとiPadユーザーの元に届けられた。最新版Androidと共に導入されたGoogleのこの新しいデザインモチーフは、Googleのモバイルプラットフォームとサービスを通じて、どのデバイスを使っている時でも統一されたルック&フィールを提供することを目的としている。

デザインには、単色無地のカラーや陰影その他深さを表現する要素が数多く取り入れられ、アニメーションも多用されている。大胆で明るい色使いや、リアル世界の現象を連想させる効果が強調されている。

これまでにGoogleは、「マテリアルデザイン」に関連するアップデートを、マップアプリ検索アプリYouTubeアプリを始めとする同社の数多くのモバイル製品に適用してきた。

Chromeブラウザーのマテリアルデザインアップデートは、Androidでは既に完了しているが、今回iOSに登場したことによって、Appleユーザーたちも目立った違いを感じることになるだろう。

新しいルックスは、「大胆なグラフィクスと滑らかな動きと立体的外観」をアプリに加えるとGoogleは言っている。ページスイッチャーは黒い背景の上に置かれ、上端には新しいページを開くための「+」ボタンが、右上にはタブスイッチャーとメニューボタンが配置されている。新しいページを開くと、Google検索ボックスの下にお気に入りやよく行くページのサムネイルが表示され、デスクトップ版Chromeとよく似た構成になっている。

アップデートには、iOS 8への最適化や、大画面サポート等他の改善点も含まれる。

しかし、おそらく一番役立つ追加は「ハンドオフ」のサポートだろう。これは、iOS 8デバイス上で始めたセッションを、OS X Yosemiteで継続できる機能だ。

アップデートはiOSのApp Storeで公開中。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook