MicrosoftがWindows 10上の新しいブラウザSpartanを発表

次の記事

Twitter、未読まとめ機能の「While You Were Away」を正式に運用開始

予想どおり、Microsoftは今日(米国時間1/21)、同社の新しいブラウザを披露した。それに使われている新しいレンダリングエンジンは、同社のVP Joe Belfioreによると、“Windows 10を使う次世代のWindowsユーザの能力を高める”ものだそうだ。

その新しいブラウザは、前々から言われていたとおり“Spartan”という名前で、残念ながらWindows 10の次のプレビュー用ビルドには含まれず、デベロッパやユーザがいつ初体験できるのかも明らかでない。また、新しいエンジンに関する詳しい技術的説明もなかった。

2015-01-21_1014_001

Spartanには、あとで読むのリスト(ブラウザがPocketを内蔵しているようなもの)や、わき見運転防止用の閲覧モード、PDFビューワなどがある。

Cortanaもサポートされる。だからブラウザはユーザの次のフライトを知っていてブラウザの検索バーの右端にそれがポップアップする。また、今見ているサイトの関連情報も表示される。レストランのページを見ていたら、Cotanaがそこへの行き方を教えてくれるし、予約も取らせてくれる。

Spartan自身のタブがつねにトップ(左端)にあって、そこに、今見ているタブの小さなプレビューが一覧される。“各ページのコンテンツが分かるように”、とBelfioreは言う。このブラウザのデザインが単純化を意識していることは明らかだが、現状ではブックマークなどの機能の詳細が分からないので、現物を見ないかぎり評価はできない。

2015-01-21_1010

今でもInternet Explorerは全世界で約58%ののシェアを占めており、1年前と変わっていないし、2年前(55%)よりは増えている。

2015-01-21_1014

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa))