group
dm

Twitter、グループDM機能およびアプリケーション内ビデオ編集機能を実現

次の記事

写真プリンターとして機能するスマートフォン用ケースがKickstarterに登場

Twitterのダイレクトメッセージ機能(DM)が拡張され、一度に複数の人に対してDMを送ることができるようになった。すなわち、グループ会話機能が実装されたというわけだ。またアプリケーション内からビデオを撮影して、簡単な編集をして公開するための機能も備えられた。これまで未実装で、すなわち他アプリケーションに委ねられていた機能を自ら実現し、そしてエンゲージメントを高めていこうという意志が感じられる。

今回実装されたGroup DMの機能により、Twitterはインスタントメッセージ系アプリケーションのような使い方ができるようになった。フォロワーに対して一括してダイレクトメッセージを送ることもできるようになった。場合によってはフォローする相手を選ぶのにより新潮にならなければいけないケースも出てくるかもしれない。誰かをフォローするだけで、知らない人とのグループチャットの一員として扱われる可能性も出てくるわけだ。

グループDMを送る相手として指定できる最大の人数は20名だ。絵文字も含め通常のツイートメッセージを送ることができる。Twitterの適用範囲を増やすことにより、利用者がTwitterを利用する時間を伸ばすことにも繋がるだろう。これまでは面白い、あるいは刺激的なツイートを発見するとWhatsAppやiMessageなどで仲間に拡散するといったシーンもあったことだろう。これはからはTwitter自体でそうした行為が行えるようになるわけだ。

ビデオについての機能も加わり、Twitter内から30秒までのビデオを撮影できるようになった。さらには簡単な編集なども行えるようになっている。iPhoneを使っている場合には、カメラロールにあるビデオを利用することもできる。Android版も同様の機能が実装される予定となっている。ネイティブなビデオ撮影機能を使って投稿したビデオのサンプルを下に掲載しておく。

Twitterアプリケーションにてビデオ撮影/投稿をサポートすることで、(Twitterの所有する)Vineへの依存を減らすことにも繋がるだろう。Twitterとしてはともかく、アプリケーション内で利用できるコンテンツを増やし、さまざまな作業がTwitter内で完結するようにしたいと考えているわけだ。ビデオの長さは30秒に制限されているが、これはTwitter上で展開する広告ビデオのことも考えてのものであるに違いない。

原文へ

(翻訳:Maeda, H