coca-cola
super bowl

スーパーボウルCM:コカコーラをコンピューターにこぼすと何が起きる?!

次の記事

検索エンジンでYahooがじりじりアップ―Google、モバイルを除くシェアで75%を割る


君はあのコカコーラのスーパーボウルCMを見たか?

そう。インターネットのせいで機嫌の悪い人たちの合成写真で始まり、切れ目なくTronスタイルのデータセンターへと場面が移ると、そこで男がサーバーの上にコークをこぼしてしまう。さて、これは悪いニュースになると思うだろうが、違う!すべてがストップする代わりに、コカコーラとポジティブ感情の奇妙な組み合わせが全員のパソコンに溢れ、何もかもが素晴らしくなる。

正直なところ、これがテクノロジーのしくみを100%正確に表現しているのかどうか定かではない。それでも、これは新たな興味深いソーシャルメディアキャンペーンだ(コカコーラはTwitterでも宣伝している)。このMake It Happyウェブサイトで説明されているように、ネガティブなツイートを見つけて、それにハッシュタグ #MakeItHappy をつけて返信するのが決まりだ。するとコークが「ツイートから作ったハッピーなアートをプレゼントする」。

これがコカコーラと何の関係があるのか?私にもわからない。そもそもポジティブはネガティブより良いものなのか?そうとは限らない、と私は思う。そして、これが本当にインターネットをもっとポジティブにするか? たぶん違う。

とは言え、このアートには思わずほほえんでしまう。特に、他のスーパーボウルCMのとめどない寒々しさの後では。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook