GoogleのダンボールVRがiPhoneでも(非常に快適に)使えるようになった

次の記事

Google、ダンボールVRキットを100万台出荷

GoogleのCardboard VRアプリは昨年のI/O 2014で初めて登場したが、初期バージョンはサポート端末が限られていた。今年公開された新バージョンは画面サイズ最大6インチの端末をサポートしているが、多くの人々にとってもっと嬉しいニュースは、iPhoneでも使えるようになったことだ。

新たに登場したCardboard for iOSアプリは、米国のApp Storeで公開中で、同じデモアプリが含まれ、同じQRコードベースのペアリング手順で使用ヘッドセットの世代に最適化する。Cardboard for iOSは無料、iPhone 5以降で使用できる。

新しいVRヘッドセットでは、内蔵された「ボタン」を使って表示されたコンテンツを操作することが可能で、その際にバイブレーションでフィードバックされる。

iPhone 6 Plusでアプリを使用したところ非常に快適な体験を得られた。実際、Nexus 5とNexus 6を含め、他のどの端末のCardboard VR体験よりも良かった。画面解像度のためなのか端末の能力なのか、新ヘッドセットとの相性なのかわからないが、何かがiPhoneとCardboardキットの関係を最適に調整している。

試してみたいiPhoneユーザーは、Googleのこのページに入手方法あるいは自分で作る方法がある。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook