Cortana
Windows 10

Microsoft、Windows 10は7月29日に公開と発表

次の記事

13歳の娘に宛てた真剣なキャリアアドバイス

MicrosoftはWindows 10を7月29日、今からほぼ2か月後にリリースすると発表した。このメジャーアップデートにより、Microsoftのプラットフォームはデスクトップからスマートフォン、タブレット、そしてXbox Oneまでが統一されることになる。Windows 10はWindows 7、8のユーザーにはリリース後1年間は無料で提供される。

アップデートを容易にするために(そしておそらくはWindows 10のインストールベースの数を即座に確保するために)、予約プロセスを用意している。Windows 10をインストール可能なデバイスには上のスクリーンショットのように、アップグレードを促すアプリがインストールされているので、ポップアップにしたがって手続きすればよい。

Windows 10の目立つ新機能のひとつは音声を認識するパーソナル・アシスタントのCortanaだ。こちらにMicrosoftが用意した音声メッセージがある。

その他の主要な新機能は? 簡単にまとめておこう。

  • Microsoft Edge:Internet Explorerの後継となるまったく新しいブラウザーがバンドルされる。ミニマリズムを基調としたデザインで、共同作業のツールとなることに重点が置かれている。またCortanaが統合されている。
  • Word、Excel、PowerPointがビルトインされている。
  • Xbox LiveとXboxのアプリではゲームの録画、Xboxの友達との会話、ゲームのデスクトップへのストリーミングなどができる。
  • Windows Continuum:Windows 10搭載のデバイス間のシームレスな連携がサポートされる。複数のデバイスで作業を引き継ぐことができ、Windows Phoneに入力アクセサリを接続するとパソコンとして利用できる。
  • Windows Hello:新しいWindowsログインシステムは顔、虹彩、指紋の認識機能をサポートする(どれが利用できるかは個別のハードウェアによる)。

Microsoftはアップグレードがスムーズに進むよう最大限の努力をしてきた。特に既存アプリの互換性には注意を払っている。Windows 8はいろいろ欠点の目立つ世代だった。今回、番号が一つ飛ばされたのはそれだけ画期的なアップグレードだということを強調するためのなのだろう。ともかくそう期待したいものだ。

〔日本版〕Windows 10にアップグレード可能な日本版Windows 7、8デバイスにはアップグレード予約アプリがすでにインストールされているはず。タスクバーのWindowsアイコンをクリックするとアプリのウィンドウが開くので「Windows 10を予約する」を選択すればよい。

2015-06-02-win10upgradejapan

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+