政府保管の犯罪記録を低料金で抹消してくれるEasyExpunctions

次の記事

ソフトバンクはアジアで最も重要となるEコマース企業のポートフォリオを構築する

アメリカ人の40%は一生に最低一度は逮捕され、その約半分のケースは記録を抹消できるが、実際に抹消されているのはその1%にすぎない。

昨夜(米国時間6/2)のTC Radio Pitch-Off(売り込み競争)で優勝したEasyexpunctions.comは、この数字を増やそうとしている。その、特許まで取った自動化処理により、弁護士に頼んだときの費用の1/3足らずで簡単に犯罪記録を抹消できる。

ユーザがこのサイトに登録すると、まずその人に犯罪記録があって、しかも抹消の資格があるかチェックされる。有資格ならユーザは一律399ドルを払うが、実際に記録を抹消できなかったら全額返済される。

その後24時間以内に自動的にドキュメントが生成され、そこには抹消のやり方が最初から最後まで順を追って書かれている。

最終結果は、ユーザの犯罪記録が政府の全部門のデータベースから完全に抹消されるか、または不開示扱いとなる。後者では記録を政府が維持するが、そのことを誰かに漏らすことはできない。

サービスを開始して最初の一週間で、5000人あまりの抹消有資格者がユーザ登録をした。現在のサービス提供地域はテキサス州だけだが、もうすぐカリフォルニア州とフロリダ州とニューヨーク州でも可利用になる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa