Google Streetview

Google、40箇所の離島やその海中のゴージャスなストリートビューを公開

次の記事

IFTTT、HomeKitなどにも対応し、既存のエアコンを「スマート」化するTadoのAC Control

今日(米国時間6/4)、Googleは離島と海中で撮影された多数の映像をストリートビューに追加した。Googleマップのユーザーは南太平洋のクック諸島沖でザトウクジラといっしょに泳いだりバリ島の沿岸で熱帯魚を観察したり、アメリカ領サモアの浜辺を散策したりできる。

今回、一挙に40箇所の新しい海中ストリートビューが公開されたが、これは2012年に海中ストリートビュー・プロジェクトが開始されて以来最大のアップデートだ。

ストリートビュー撮影の多くは海洋調査を専門とするNPO、XL Catlin Seaview Surveyと共同で行われた。しかし今回、Googleはアメリカ海洋大気庁(NOAA)の国立海洋保護区局およびChagos自然保護基金とも協力している。

American-Samoa-Before-and-After-rotation

Googleの広報担当者によれば、このプロジェクトの狙いは海洋に関する公衆の関心を高め、正しい知識を持たせることだという。「海洋はわれわれにとって決定的な重要性を持つが、近年、温暖化の加速、汚染、乱獲などの深刻な環境問題が海洋を襲っている。 Googleは海洋の現状を正確に記録できる新しいテクノロジーを開発し、その変化を確認する手助けをしたい」という。

今日、Googleは海中ストリートビュー・プロジェクトで新たにNOAA、 Reef Check,、Blue VenturesOur World Underwater Scholarship Society、 Global Underwater ExploresのProject Baselineと協力していくことを発表した。

Humpback-Whales-Cook-Islands-hyperlapse

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+