Live Rowingは、ボート漕ぎマシンで友達とレースができるアプリ

次の記事

開発者を束ねるマネージャーの仕事の内実

漕艇は人類が水上を漕ぎ始めた時代から社会的活動だった。最古のオリンピック団体競技の一つであり、アイビーリーグの多くの大学にボートチームがある。しかし、室内ボート漕ぎマシンは、ほとんどの場合孤独な営みだ。

それは、この方法でワークアウトするのが好きな人々にとってあまり嬉しいことではない、とボート漕ぎマニアのNick Sheedyは言う。彼は、屋外ボートレースの社会的要素を室内に持ち込むべく、新たなiOSアプリと、ほとんどのボート漕ぎマシンに設置できるパフォーマンスモニターを開発した。

Live Rowingと呼ばれるそのアプリとデバイスを使うと、漕ぎ手はボート対ボートの競争ができるようになり、タイム、距離、消費カロリーのランキングを見たり、友達の状況をチェックしたりできる。

そのために、Connect2 Rowerモニターをマシンに設置し、Apple LightningケーブルでiPhoneのLive Rowingアプリと接続する。モニターは、デジタルディスプレーのデータを拾ってアプリに送り込むことができる。

Screen Shot 2015-06-05 at 5.26.59 PM

TechCrunchビデオチームと私は、地元サンフランシスコのジムでSheedyに会い、Live Rowingが動作する様子を見た。私はボートレースの訓練を受けたとだけ言っておこう。というわけで、私が息を切らして漕ぐところを上のビデオでご覧あれ。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook