Apple Watchのサードパーティーアプリ、watchOS 2でワークアウトデータを利用可能に

次の記事

Rhombusのシステムで、テキストメッセージを送るだけで決済が可能に

デベロッパーに朗報:ネイティブWatchアプリを作ってユーザーのアクティビティーを追跡し、ワークアウトに関する情報をHealthアプリに送信するだけでなく、ワークアウトセッション中ずっとアクティブでいられるようになった。Appleの内蔵ワークアウトアプリと同じように。

新しいwatchOS 2のワークアウトAPIを使うと、サードパーティーアプリはアクティビティーやワークアウトのデータにアクセスできる。Watchアプリは、既存のiOS HealthKit APIも、iPhoneやiPadと同じように利用できる。Watchアプリに保存されたデータはペアリングされたiPhoneと自動的に同期し、Watch上で完了したワークアウトはiOSのアクティビティーアプリの履歴に表示される。

AppleはWatchのワークアウトに関してプライバシー重視を貫いている。ユーザーは、ヘルスデータをアクセスしてワークアウトデータをアプリに送ることについて、アプリに許可を与える必要があり、iPhoneとWatch両方でアプリ毎にプロンプトが表示される。ただし承認は両デバイスで共有され、これは両機で異なる許可が与えられる可能性が極めて低いことから理にかなっている。

デベロッパーはApple Watchの追跡精度を高めるためにアクティビティーの種類を指定することが可能で、上記の通りアプリはフォアグラウンドで動き続けられるため、ユーザーは腕を上げると文字盤ではなくデベロッパーの作ったワークアウト進行画面やサマリー画面を見ることができる。現在も可能なユーザーが最後に開いたアプリを表示する設定が有効になっていない限り、ワークアウト後は通常通り文字盤が優先的に表示される。

Apple Watch上では同時に1つしかワークアウトをアクティブにできないため、いずれRunkeeperがネイティブWatchアプリを作った時にも、ワークアウトと同時に動かすことはできない。既にワークアウトアプリが動作している時に別のワークアウトアプリを起動すると、後に実行された方が優先される。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook