Car tech

スマートフォンでリモコン操作可能なレンジローバー(プロトタイプ)が登場!

次の記事

Twitter、ビデオおよびGIFの自動再生機能を提供開始

リモコンで遊べる車が大好きだった人も多いだろう。本当の車をリモコン操作することについてはどうだろう? イギリスのランドローバーが、スマートフォンのアプリケーションから操作できるレンジローバースポーツのプロトタイプを発表したのだ。もちろんドアのロックができるとか、そういうレベルの話ではない。アプリケーションから、実際に車を走らせて操作することができるのだ。

操作の様子は上のビデオをみてみて欲しい。たとえばやっかいな場所の路面状況を車外から確認しつつ抜けだしたり、あるいは隣の車とぴったりくっついてドアすら開けられないパーキングエリアなどで便利に利用することができるだろう。

まさにリモコンカーを操縦するような感じで、速度や進行方向を操作することができる。ただしスピードは時速4マイルまでに制限されていて、また操作できるのは車から10フィート以内圏内であるのだとのこと。

音声コントロールの仕組みも組み込む予定にしているという話もある。

現在のところこれはエンジニアリングプロトタイプであり、近くの販売店で購入することはまだできない。ランドローバーは、このプロトタイプモデルを市場に投入するのかどうかについても、あるいはいつ頃投入する予定であるのかについても明らかにしていない。実用化するのであれば、セキュリティ対策を万全にしておく必要もあるだろう。車泥棒がリモコン操作で簡単にお気に入りのSUVを盗み去ってしまうというような状況は、なんとしても避ける必要がある。

原文へ

(翻訳:Maeda, H