Kleiner Perkins Caufield & Byers
paovskleiner
Ellen Pao

クライナー・パーキンスとの性差別裁判に敗れたEllen Paoに、訴訟費用25万ドルの支払い命令

次の記事

TwitterのLightningプロジェクトは非会員もアクセスできるイベント関連のリッチメディアコンテンツ集

Ellen Paoは、大きな注目を集めた性差別訴訟に全面敗訴しただけでなく、Harold Kahn判事はこのReddit暫定CEOに対して、25万ドル以上の訴訟費用をVC会社Kleiner Perkins Caufiled & Byers(KPCB)に支払うことを正式に命じた。

この裁定は、Kahn判事による前夜の暫定裁定に沿ったものだ。両当事者は、今日(米国時間6/18)午前サンフランシスコ高等裁判所で対面して決着をつけた。

金額は、KPCBがPaoに要求した訴訟費用、97万3000ドルから減額された。費用の大半に当たる86万4680ドルは鑑定人に支払われた。しかし、Paoと彼女の弁護人は、5月にこの訴訟費用の免除を求める裁判所文書を提出し、これを「法外」「悪意ある」請求であると主張した。

Kahn判事は費用の過剰性について同意し、今日、Paoの資力に見合った27万5996.63ドルへと減額した。

Paoは、もしKPCBが6週間にわたった訴訴費用として270万ドルを彼女に支払えば、控訴を取り下げると提案した。KPCBはその案を却下し、全くの見当外れであると指摘した。

Kleiner Perkinsは今日の決定を予測していた。パートナーのChristina LeeはTechCrunchに対する声明文に、以前の暫定裁定は「われわれの和解案は妥当であり誠意を尽したものであることを認めた」と書いた。

本誌はPaoの弁護士、Alan Exelrodにコメントを求めており、返信があり次第続報する予定だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook