Toshibaが新学期(今秋)向けラップトップのラインアップを発表…4Kスクリーンもあり

次の記事

ビジネスSNS「Wantedly」がオープン化、自社サイトで潜在転職者にリーチ

Toshibaが新学期(9月)向けWindows 10ラップトップの全機種を勢揃いさせた。

同社のSatellite Cシリーズはポータブルコンピュータのトップセラーだが、秋の新製品もこのシリーズの拡張バージョンがメインだ。

その新型のSeries Cは15.6インチと17.3インチの2タイプ、どちらもTruBrightのHDディスプレイだ。どちらにもCortanaボタンがあり、Microsoftの仮想アシスタントを簡単に呼び出せる。お値段は、メーカー希望小売価格394ドル99セントからだ。

Satellite Cシリーズと並んで今回発表されたSatellite Fusionは、2-in-1タイプのタッチスクリーンラップトップで、一台でラップトップ+タブレットだから2-in-1と称する。Fusionのタッチスクリーンは15.6インチ、RAMは12GB、ハードディスクは1TB、これだけ詰め込んでもケースの厚さは1インチ未満だ。

  1. toshiba-satellite-c55dt_angle4.jpg

  2. toshiba-satellite-c55dt_angle11.jpg

  3. toshiba-satellite-c55dt_angle3.jpg

  4. toshiba-satellite-fusion-15-l55w_angle41.jpg

  5. toshiba-satellite-fusion-15-l55w_angle6.jpg

  6. toshiba-satellite-l75_angle.jpg

  7. toshiba-satellite-l75_angle4.jpg

  8. toshiba-satellite-l75_angle31.jpg

  9. toshiba-satellite-radius-15-p55w_angle51.jpg

  10. toshiba-satellite-radius-15-p55w_angle1.jpg

  11. toshiba-satellite-radius-15-p55w_angle2.jpg

  12. toshiba-satellite-s55t_angle5.jpg

  13. toshiba-satellite-s55t_angle3.jpg

  14. toshiba-satellite-s55t_angle1.jpg

Toshibaの秋の収穫は、まだある。Satellite Radiusと名付けられた機種は、これまた 2-in-1で、ビデオファン向けだ。その意味は、初の4K 2-in-1であること。プラス、Harman Kardonのステレオスピーカーがついてる。

Satellite Lシリーズのアップデートもある。二つのラップトップがどちらもSkullcandyのステレオスピーカーつき。小売価格は600ドル以下で、Windows 8.1がプレインストールされているが10にアップグレードできる。

今日発表されたSatellite Sシリーズのアップデートが、ラインアップの最後だが、こちらは近く4Kスクリーンの機種が出る。それはプロセッサがクワッドコアとデュアルコアの二種、ストレージは最大で2TBとなる。

いずれの機種も、実際の発売は今夏で、Windows 10はプレインストールまたは後日のアップグレードだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa