Googleの新しい医療用ウェアラブルは、患者データを常時監視する

次の記事

国際送金サービスのAPIエンジン、Currency CloudにSapphire Ventures、楽天などが1800万ドル投資

ウェアブルテクノロジー分野を考えるとき、われわれはFitbitの類やApple Watch等消費者向けの一般的デバイスを想像しがちだ。Googleはしかし、特定の分野の本格的利用に向けた新しいニッチデバイスを披露した。健康に焦点を当てたリストバンドで、医学的研究や臨床試験で被験者の医療情報を定常的に提供する。

Bloombergの記事によると、新デバイスは検索の巨人の実験的グループで、Google Glassや無人運転車、Project Loon等の “moon shot” プロジェクトの開発でよく知られるGoogle Xの製品だ。この健康リストバンドは、脈拍、心調律、皮膚温、照射量、および騒音レベルを測定可能で、患者だけでなくその周囲に関しても有益なデータを提供する。

このニッチなウェアラブルが、一般的な消費者市場向け製品と異なっているのは、主としてその精度だ。測定される値は現在出回っているAndroid Wearベースのデバイスよりも科学的に厳密であり、今日発表されたこの専用医療ウェアラブルは、情報を常時監視、報告することで研究者や医療専門家たちがリアルタイムに行動するのに役立つデータを提供する。

Googleによると医療バンドのテストをこの夏に開始する予定で、学術機関や製薬会社と協力して規制当局の認可取得に向けて努力していく、とBloombergは伝えている。

これは、Googleにとって初めての医療ハードウェア開発ではない。Google Xは、糖尿病等の症状を制御するための血糖値を監視するコンタクトレンズも開発している。ライバルたちも医療研究界への貢献に意欲的だ ― 例えばAppleはResearchKitを発表し、iPhoneやiPadを使って研究者が広い範囲のユーザー基盤から参加者データを収集できるよう進めている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook