GrouponのApple Watchアプリは現在位置の近くで使えるクーポンを表示して、購入までできる

次の記事

KitTea―サンフランシスコで最初のネコ・カフェを訪問


本日、Grouponの割引クーポンを探すiOSアプリがアップデートされた。それにはApple Watch対応も含まれる。他の多くのWatchアプリ同様、GrouponもiPhone経由でユーザーの位置情報を活用し、近くで利用できる割引クーポンを知らせる。Grouponのモバイルアプリのホーム画面では広い範囲(街や首都圏の範囲)内の割引クーポンを特集しているが、Watchアプリでは、近い範囲内の割引クーポンを表示することに焦点を当てている。更に現在地からその店舗がどの程度離れているかも示す。

気に入ったものを見つけたら、ユーザーはGrouponのWatchアプリから直接クーポンを購入することができる。

このWatchアプリは良くできている。画面サイズが制限されているにも関わらず、多様な割引クーポンの重要情報を表示している。メイン画面では、クーポンの写真、店舗名、現在地からの距離、通常価格と割引価格を表示する。指でスワイプするか、Watchのデジタルクラウンを操作することで、割引クーポンをスクロールすることができる。

割引クーポンの詳細はタップで確認できる。内容の詳細(例えば、ヨガレッスン73%オフ)、近さ、価格、更には店舗までの道のりを示す地図が表示される。購入を決めた場合、緑の「購入」ボタンを押すだけで決済が完了する。このように決済を行うには、iPhoneのGrouponアプリにクレジットカードかデビットカードの情報を登録している必要がある。

Groupon on Apple Watch

Apple Watchが商売に適したプラットフォームであるかを検証している商店はいくつかある。しかし腕時計でサービスや商品をブラウズするのは、あまり自然な動作ではない。Apple Watchはタイムリーな情報を届けるのに最も活用できるというアイディアにGrouponは着目した。これから訪れる地元の商店で節約する方法を提供するといった使い方だ。

ユーザーにとって通知がスパムにならないように、Grouponはユーザーの位置から特定の半径内にある割引クーポンしか表示しない。さらにApple Watchに表示するクーポンも選別している。ユーザーが便利だと感じる量と通知が多すぎると感じる量のバランスをGrouponが探し当てることができるかどうかはまだ分からない。アプリは今日ローンチされたばかりで、さらに検証を重ねる必要がある。

また、GrouponのWatchアプリはまだ完成していないことにも注目すべきだ。Grouponは、全体の体験を仕上げるために他の主要機能も開発中だ。例えば、これまで節約した累計金額や使用していないクーポンを確認できるGlances機能だ。

また利用期限が近づいているクーポンを知らせる機能、そして最も重要なApple Watchアプリに購入したクーポンを表示する機能の開発にも力を入れている。この機能の実装により、Apple WatchのGrouponの体験が更に良くなるだろう。今はまだ、購入したクーポンをすぐに使用する場合は、結局iPhoneを取り出さなければならない。

Grouponのモバイルアプリには強い存在感がある。アプリは世界中でおよそ1億500万ダウンロードを達成した。Grouponは、2015年第一四半期に5400万の取引数を達成し、これまで累計8億の取引が行われた。Apple Watchはまだアーリーアダプターが大部分を占める少数の人しか利用していないが、これからウェアラブルの市場が成長すれば、Grouponの地元商店の割引特権とコンシューマーをつなぐビジネスに、この新しいアプリがどのような影響をもたらすことになるか、注目に値するだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter