Lexusが液体窒素を用いたホバーボードの予告動画を公開

次の記事

Microsoft、Androidスマートフォン向けOfficeアプリケーションを公式リリース

ホバーボードの開発競争が加速している。数年前から、Back To The Future II に登場する未来を予見した発明品を実現することが、テクノロジーの成果を示すのに最適な方法だと誰もが信じているからだ。遅れながら、Lexusもこの競争に名乗りを上げた。自社のホバーボードテクノロジーを示す予告動画を投稿し、少し長い期間をかけて発明品を公表すると示した。

これまで見たた中で一番かっこいいホバーボードであり、称賛に値する。実際に乗ることができ、ホバーボードの表面はきれいな竹素材でLexusのスピンドルグリルデザインも起用している。この車の製造企業は、どのような開発を行っているかについて明かそうとしないが、「磁場による浮遊」と「液体窒素で冷却する超電導体と永久磁石」を使用して、ボバーボードの飛行を可能にしていると言う。

Screen Shot 2015-06-24 at 10.10.48 AM

ボードは、実際にスケートボーダーとバルセロナでテストが行えるほど完成している。実際にホバーボードを使用している動画もある。これは、2つの街のおけるエンジニアチームが18ヶ月かけて行ったリサーチプロジェクトの成果だ。

そういえば、映画の中にはタイムマシンもあった。大金を投じる企業が現れて実現できたのなら素晴らしいことだと思う。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter