Taylor Swift
1989

テイラー・スウィフト、「1989」のApple Musicへの提供を承認

次の記事

メッセージングアプリTelegramのBot機能でいろんなおもしろいメッセージボットを作れる

テイラー・スウィフトが、彼女の新作アルバムである「1989」をAppleのストリーミングサービスに喜んで提供するとTwitterで発言している。これは、Apple Musicが利用者に提供する3ヶ月間の無償期間の間も、アーティストに対する支払いは行うように方針転換したことをうけてのことだ。

話の流れをまとめておこう。テイラー・スウィフトは当初、Apple Musicに「1989」を提供しないと話をしていた。これはAppleが3ヶ月間のトライアル期間中はアーティストに印税を支払わないとしていたことに抗議したものだ。

Appleはこの抗議をうけて、SVP兼iTunes部門のチーフであるEddy Cueが、Twitter上で方針の変更をアナウンスしていた。すなわち、トライアル期間中でもアーティストに対する著作権料の支払いを行うことにしたのだ。

無料トライアル期間も料金を支払うようにしたことで、当初は難色を示していたインディーレーベルも積極的に楽曲の提供を行う動きが加速しているのだとのこと(メジャーレーベルとは事前に話をまとめていた)。New York Timesによると、トライアル期間中の支払金額は有料期間に予定されているものよりは低いものになる。しかし、Spotifyなどの広告掲載を行う無料サービスなどにおけるのと同程度の額なのだそうだ。

テイラー・スウィフトは、今回の方針転換を評価する旨のツイートも行なっている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H