ClipMineは、クラウドソースでビデオにタグと注釈を付けて価値を高める

次の記事

人工知能を使って不動産の成約価格を高精度で推定する「VALUE」——イタンジが新サービス

こんな経験がよくある:見たいオンラインビデオを開いたら、長さが10分、20分、あるいは30分あると気付いてガックリする。探しているものがほんの一部、ほんのひと言だけの時は特にイライラする。結局、その極く一部を見つけるためにスキップしまくる ― すばらしい体験とは言えない。

新しいスタートアップがそれを解決しようとしている。ClipMineがあれば、検索可能な目次付きビデオが出来上がる。

例えば、これはスタートアップに関連するビデオを集めたものだ。それぞれのビデオを見ると、主要トピックの概要がわかるだけでなく、興味のある部分にジャンプしたり、何かが言及された部分を全部見つけることもできる(ただし、成功率はどれだけそのビデオにタグや注釈が付いているかによる)。

あなたは、Y CombinatorのSam AltmanとAsanaのDustin Moskowitzがスタートアップの設立について話すところを見たい ― しかし、アイデアは既にあるので、それを実現可能な製品に変えるところだけを知りたい。そんな時は、目次の製品セクションを見つけてジャンプすればよい。

ちなみに、ClipMineは独自のビデオプレーヤーを作ろうとしているのではない。代わりにYouTube等のプレーヤーに乗っかって動く(プラグインを入れれば、YouTubeのあるところならどこでもClipMineプレーヤーを使える)。ファウンダー・CEOのZia Syedは、作りたいのは「パーソナーライゼーション・エンジン、即ちビデオエコシステムのためのメタデータレイヤー」だと言った。

初期の注釈は、スタートアップの編集チームが、自動的に注釈を予測する同社のアルゴリズムの助けを借りて作る。誰でもYouTubeやVimeoやDailymotionのURLを入力して注釈を追加したり、既にタグ付けされたビデオにコンテンツを追加したりできる(ただし「荒らし」を呼びそうな人気ビデオのために承認プロセスがある)。

最初の利用で、ClipMineはビデオの反応率を約50%改善したとSyedは言う。さらに、ビデオパブリッシャーは今まで以上のデータを収集できるようになる ― 何人がどれだけの時間ビデオを見たかだけでなく、クリックされた特定のセクションや視聴者が興味を持った話題等。

ClipMineはエンゼル投資家から260万ドルを調達しており、Google取締役のRam SchriramやFacebook副社長のGreg Badros、起業家のAmarjit Gill、およひCadence CEOのLip-Bu Tamらが名を連ねる。

そうだ! もしTechCrunchのビデオに注釈を付けたいという人がいるなら、大歓迎だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook