Facebook、テキサス州フォートワースに100%再生可能エネルギーベースのデータセンターを構築

次の記事

Media TempleがAWS上のマネージドホスティングを新プロダクトに

Facebook5箇所目のデータセンターを建設するとのアナウンスを行った。場所はテキサス州フォートワースだ。Facebookではいつものことながら、既にこのデータセンター専用のFacebookページも開設されている。

フォートワースのデータセンターは、オレゴン、アイオワ、ノースカロライナ、およびスウェーデンに続いての立地となる。データセンターの電源はすべて再生可能エネルギーによって賄われる。このためにFacebookはテキサス州の、データセンターから90マイルほどの場所に1万7000エーカーの風力発電施設を新たに建築する。

Facebookはデータセンターの効率化にも力をいれている。

たとえば一般的なクラスター形式のサーバー構成を見なおして、すべてのサーバーポッドがひとつのネットワーク内で機能する仕組みなどを実現している。オレゴンのデータセンターと同様に、センターの冷却は外気を用いて行うようになっており、これだけでも大幅にエネルギーを節約することができる。

Facebookによると、これまでに行ったインフラの効率化によってこの3年間で少なくとも20億ドルを節約していることになるのだそうだ。

尚、これまでのデータセンター同様に、フォートワースのデータセンターのサーバーデザインもOpen Compute Projectにてオープンソース化される予定だ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H