Fly Or Die(飛ぶか死ぬか): Amazon Echoの巻

次の記事

女の子たちがプログラミングで遊ぶ仲良しブレスレットJewelbots

Amazon Echoのことを初めて聞いたとき、人間の声で指示する家庭用デバイスが良いアイデアだとは、全然まったく思わなかった。なによりもまず、自分が言うことをすべてAmazonが聴いてるということが、キモチワルかったし、SiriやGoogle Nowのような類似の音声ツールにも、感動したことはない。

でも実際に使ってみるとAmazon Echoは、今市場に出回っている音声デバイスの中では、かなり強力な方だ。

最初に”Alexa”と言うと、コマンドが始まる合図だ。それからいろんな質問をしたり、Amazonのショッピングカートに品物を入れたり、Evernoteでノートをとり、家庭のIoTデバイスを制御したりする(Phillips Hueの電球とかWiMoのスイッチなど)。

また、Amazon Echoは家庭用品に徹しているから、焦点がはっきりしている。SiriやGoogle Nowのように、スマートフォンはいろんな人がいろんなところで使うからといって、何でもかんでもやろうとしない。

Alexaはときどき、無反応になったり、混乱する。質問の種類は、限られている。でも179ドルの製品にしては、よくできている、と私もFitz(Fitz Tepper)も思った。AmazonはAPIを公開したから、デベロッパやガジェットのメーカーがEchoの脳を利用したいろんなソフトウェアツールやデバイスを作れる。それらの種類がものすごく豊富になったところを想像すると、Echoは家庭用の多芸な電脳として、かなりおもしろい。

Darrellの長い記事も、このあたりのことを述べている。

飛ぶ(fly、売れる、うまくいく)方に2点を入れよう。

*Amazon Echoはプライム会員なら179ドル、非会員は199ドル。初期の会員価格は99ドルだったから、上の古いビデオには混乱がある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa