Chris O’Neill
Phil Libin
Evernote

Evernote、元Googleのクリス・オニールが新CEO、ファウンダーのフィル・リビンはエグゼクティブ・チェアマン

次の記事

NASA、DSCVR衛星が撮影する高解像度の地球画像を毎日公開へ

今日(米国時間7/20)、Evernoteのトップに異動があった。Chris O’Neillが新CEOにスカウトされ、ファウンダーのPhil Libinはエグゼティブ・チェアマンに就いた。これに伴ってLibinは今後「Evernoteの次世代プロダクト開発にさらに密接に関わっていく」ということだ。

O’NeillはGoogleで10年近くさまざまな職を経験してきたが、最近はGoogle [X]のグローバル・ビジネスの責任者を務めた。

Chris-ONeill-KK

LibinはプレスリリースでO’Neillを次のように紹介している。

Chrisは世界に最大限のインパクトを与えられるよう企業をスケールさせるという現在Evernoteがもっとも必要とする能力の持ち主だ。彼はチームの文化と価値を維持しながら驚くべき成長を実現させるリーダーとして高い評価を受けてきた。ChrisをEvernoteに迎えることができて嬉しく、また光栄に思っている。

Libinが2013に語った有名なエピソードだが、Evernoteは2008年にほとんど運転資金が底を尽きかけたことがある。

われわれはパニックに陥った。私は1週間というもの知り合いのすべてに電話をかけまくった。

7年後の現在、Evernoteは1億5000万人のユーザーを擁し、膨大なメモやクリップをホスティングしている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+