YouTubeアプリのアップデートで、動画編集と視聴が更に簡単になる

次の記事

「アプリケーションをダウンロード」のモバイルサイト広告は、ページの閲覧者を減らすだけかもしれない


皆、猫が遊びまわる動画が大好きだ。YouTubeのコンテンツのクリエイーターのネットワークはここ数年で爆発的に増えた。人気を集めるYouTubeのスーパースターが製作するコンテンツの中には面白いものも多い。

そう、PewDiePieとかね。

本日、YouTubeはアプリの新しいバージョン(先にAndroid、iOSも近いうちに)をリリースした。このアプリはスーパースターのコンテンツをファンに届ける助けとなるだろう。アプリには新しいサブスクリプションのタブが追加され、お気に入りのスターの最新のコンテンツや最も人気のコンテンツをまとめてトラックすることができる。

Subscriptions

サブスクリプションのタブ以外にも、アプリにはHomeとAccountがあり、後者ではプレイリストと視聴履歴をまとめて表示する。このアプリはユーザーがクリエイターのチャンネルに購読し、視聴するのに値するアクティブなフィードの作成を楽にすることが狙いだ。

YouTubeはこれらの改良により、ユーザーが次のチャンネルの番組が登場するのは待ち望むようにしたい。

 

コンテンツのクリエイターを引きつけるために、YouTubeは更に新たなツールを追加した。

YouTubeは、動画を楽しむためだけのものではありません。YouTubeは自分を表現したり、自分が好きなことを世の中に伝えたりする場なのです。デザインを刷新したアプリでは、ユーザーのクリエイティビティーを新たなレベルに押し上げるような動画製作ツールを揃えています。あなたのスマートフォンやタブレットには素晴らしいカメラが付いていて、それで撮影した動画を切り取り、フィルターで色みを変えたり、音楽を追加したりでき、アップロードまでアプリ内でできます。

Video-Edit もう一つ面白い機能がある。縦の動画もAndroidとiOSの両方で全画面で視聴することが可能になった。最近、新しいスタートアップが「YouTubeの縦型動画問題」を解決するためにVervidと言うサービスをローンチした。これは困るだろう。

インターネットのテレビネットワークを目指し、近いうちにFacebookを引き離すためにもYouTubeはチャンネルを簡単に行き来できる方法を構築しなければならない。このアプリはそれに近づくことになるだろう。

訳:私たちが最も注力している3つのこと:モバイル、モバイル、モバイル

Susan WojcickiがFortuneのBrainstorm Techカンファレンスに先日登壇した時に話していたことを改めて強調した。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter