Locent

テキストメッセージだけを使う超簡単なeコマースプラットホームLocent、意外と他の目的にも

次の記事

あなたの体の内部の3Dモデルを見せてくれるKlarismoが$2.1Mを調達、病気になってからMRIしたって遅い!

Y Combinatorの今年の夏季クラスでローンチしたLocentは、テキストメッセージだけを使うeコマースプラットホームだ。

オンラインの小売で最大の障害が、面倒なチェックアウトプロセスだ。Locentはユーザ企業に、ふつうにテキストできる電話番号を一つ与える。そしてチェックアウトプロセスを単なるテキストメッセージにしてしまう。

ユーザ企業はLocentにアカウントを作り、電話番号をもらう。それからLocentのバックエンドを利用して、品物を並べる。それらの値段、写真、キーワードなどをアップロードする。

お客はその番号に、ほしい品物のキーワードをテキストする。決済のリンクが出るので、そこでトランザクションを完了する。

Create listing

Locentの最終的な目標は、ふつうの小売店にそんな‘テキスト店’を持ってもらうことだが、今のところは既存のブランドやインフルエンサーのマーケティング的(==誘導的)利用が主体だ。

たとえばSnapchatのスターShondurasの場合は、Locentの番号にファンからメッセージが来ると、その返事で会員制のTwitchチャネルのリンクを教える。最初の12時間で‘ファンテキスト’は8000通あまり殺到し、彼らはただちに、Twitchチャネルのリンクを返事で受け取った。

Locentの協同ファウンダMatt JosephとRyan MacInnesによると、このサービスを利用すれば既存のマーケティングチャネルがワンクリックの売り場に変身する。

同社は、Locentを寄付のプラットホームにすることも考えている。とくに、2016年は大統領選の年だから、資金集めが賑やかになるだろう。候補者がLocentの番号入りの名刺をばらまいたとすると、そこにテキストしたユーザは寄付のページへ連れて行かれる。

バックエンドとしてTwilioStripeを利用しているが、Locentそのものは、そこらの商店のおっちゃんでも簡単に使えるプラットホームだ。

料金は、Stripeの2.9%+30セントに加えて、売値の3%だ。

LocentはY CombinatorとChaac Venturesから63万ドルを調達している。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa