freedom audio
drifter

頑丈な防水スピーカーDrifterはSpotifyやApple Musicなどなどを内蔵、スマホを海水で濡らす心配なし

次の記事

Google Mapsの“Night Mode”(ナイトモード)で暗い夜道のドライブが楽になる

防水性で水に浮くスピーカーは、ボートに乗る人や釣り人や、そのほかの濡れるスポーツが好きな人には重宝すると思うが、これまでの製品はBluetoothを利用するものが多くて、だから同じく防水性の手荒く扱えるスマートフォンを近くに置かないと使えなかった。

しかしFreedom Audio(元FreshETech)の人たちは、これを何とかしようと考え、新製品を開発し、それをDrifterと名づけた。

TechStarsのアクセラレータ部門R/GA Acceleratorが最近、10のプロダクトをローンチしたが、Drifterはその一つだ。このスピーカーが斬新なのは、音楽をロードしたり再生する機能を自分自身が持っていて、スマートフォンの助けを必要としないことだ。

すなわちDrifter本体の中でAndroidが動き、ストレージが16GBあり、SpotifyやBeats、Apple Musicなどの音楽サービスを利用できる(Pandoraはない)。つまりSpotifyアプリなどをスマホ上で動かす、という手間が要らない。

防水性があり、水に浮き、頑丈にできていて、ユーザが音楽をコントロールするためのタッチスクリーンもある。

ファウンダのAdam Schwartzによると、夏はひと月に一回以上水辺に行く人が合衆国全体で3700万人いる(釣り、サーフボード、などなど)。Drifterは、彼ら全員をマーケットと見なす。彼ら全員が、音楽を聴きながらレクリエーションに興じたいと願っているが、そのために水に弱いスマートフォン様の心配をするのはかったるい、と感じている。

ただしもちろん、WiFiやBluetoothを使って、お家(うち)でDrifterを楽しんでもよい。

Drifterは今、Freedom AudioのWebサイトで199ドルで予約購入できる。発売は、今年の夏が終わっている10月だ。なお、発売後の一般小売価格は299ドルだ。

  1. drifter4.jpeg

  2. drifter3.jpeg

  3. drifter2.png

  4. drifter1.jpeg

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa